注册 登录  
 加关注
   显示下一条  |  关闭
温馨提示!由于新浪微博认证机制调整,您的新浪微博帐号绑定已过期,请重新绑定!立即重新绑定新浪微博》  |  关闭

成功日语--学习日语走向幸福人生

みんなで幸せな人生を歩もう

 
 
 

日志

 
 
关于我

我们在大阪和上海有公司,在日本和国内为大家提供教育咨询、日本投资咨询、商务考察、养老项目策划、建设及管理、人才培训等服务。

网易考拉推荐

2009年日本新语流行语大奖  

2009-12-02 08:03:58|  分类: 大阪记事 |  标签: |举报 |字号 订阅

  下载LOFTER 我的照片书  |

 2009年日本新语流行语大奖获得提名的60个词中包括了很多经常在新闻报道中出现的词,比如“1000日元高速”,“陪审员审判”,“新型流感”, 但是最后获得年度大奖的是“政权交替”。

在每年举办的新语流行语大奖中获奖的是给日本带来巨大改变的今年夏天发生的那件事。在8月份举行的众议院总选举中,民主党获得了历史性地大胜,实现了政权交替。

对于获得流行语大奖,鸠山总理说:

“被评为流行语大奖这当然是好事情。不过如果“政权交替”变成一种流行,这可不是什么好事情啊。这是开玩笑的。(鸠山首相)

 可能是反映了大家所关心的事情,在前10位的词中政治相关的词还有2个。连日来受到激励讨论的“事业分类”。还有民主党提出的宣传语“脱官僚”。

 领奖的是今年从自民党退出的大众党的渡边喜美代表。

 “大众党的目标是真正摆脱官僚,实现政治主导“(大众党渡边喜美代表)

 今年海游1个月就结束了。让我们通过“10大流行语”来回顾这纷繁的一年。

 1月1日,在東京日比谷公园设立了过年派遣村。由于“派遣终止”而失去工作和住处的人们聚集到这里。史无前例的不景气。2009年在灰暗中开始了。

 让我们陷入恐惧的是今年4月份,在墨西哥发生了“新型流感”。瞬间传播到整个世界,机场里到处都是带着口罩的人们。

滞涨不断加剧,消费持续低迷的日本经济。在这种情况下销售额依然保持增加的是“快时装”。所谓的快时装指的就是便宜轻便的时装。(日本代表性的品牌有ユニクロ、しまむら)

“今天我也是穿着快时装来的。像是只小兔子。(模特の益若つばさ)

 把目光望向街头,今年男性好香变得柔弱了。演员小池徹平在电视剧中扮演的,有合作精神,顾家温柔但是在恋爱方面却不太积极的男性。据说现在这种“草食男子”正在不断增加。

 “我自己,也觉得有时候应该更强一些,不过吃蔬菜也没什么不好的,对健康是非常有好处的,所以没法说。”(演员小池徹平)

 另一方面,在一部分女性中间,喜欢历史的年轻女性,也就是“历女”也在增加。清一色的女性80多人参加历史体验游,这也很受关注。

 说到受关注,还有在电视广告中扮演“儿童店长”的加藤清史郎。

“经常被人叫做儿童店长。我很高兴。”(“儿童店長”加藤清史郎)

 在职业棒球界,日本棒球队在WBC中获得了世界第一。但是在棒球界,今年令人惋惜的是有位教练离开了他的球队。

 “天气真冷啊。比赛也让人心寒……不过总是有牢骚……”(乐天野村克也教练〔当时〕)

 在比赛后的采访中出现的“牢骚”这个词,也让野村克也原乐天教练非常受关注。在1日的表彰仪式上,作为代理,野村的妻子沙知代出席。野村本人则在电话中表达了喜悦之情。

 “发牢骚说明我还健康。等我不发牢骚了估计就是不行了。”(前乐天教练野村克也)

 今年的流行语反应了大家关心的焦点。政治以及与经济不景气相关的词比较多。

 

 

今年の流行語大賞は「政権交代」

 

 今年の新語?流行語大賞、ノミネートされたのは60の言葉です。「1000円高速」、「裁判員裁判」、そして「新型インフルエンザ」などがニュースでもたびたび登場しましたが、大賞には「政権交代」が選ばれました。

 毎年恒例の新語?流行語大賞に選ばれたのは、日本が大きく変わった夏のあの出来事でした。8月の衆議院総選挙で、歴史的な大勝をした民主党。政権交代をなし遂げました。

 流行語大賞受賞に、鳩山総理は

 「流行語大賞に選ばれたというのはありがたいことだと思います。ただあまり『政権交代』が流行になったらいけないのかなと思います。これは冗談ですよ」(鳩山首相)

 世相を反映してか、政治関連でトップ10に選ばれた言葉はほかにも2つ。連日、激論が交わされた「事業仕分け」。そして、民主党がキャッチフレーズに掲げている「脱官僚」です。

 受賞したのは、今年、自民党を飛び出したみんなの党の渡辺喜美代表。

 「みんなの党は真の脱官僚、政治主導を目指します」(みんなの党渡辺喜美代表)

 今年も残すところあと1か月。いろいろあったこの1年を「流行語トップ10」で振り返ります。

 1月1日、東京?日比谷公園に設けられた年越し派遣村。「派遣切り」などで仕事や家を失った人たちが集まっていました。未曽有の不況。2009年は暗い始まりでした。

 我々を恐怖に陥れたのが今年4月、メキシコで発生した「新型インフルエンザ」。瞬く間に世界中に広がり、空港にはマスク姿の人があふれました。

 デフレが進み、消費不況が続いてる日本経済。その中でも、売り上げを伸ばしたのが「ファストファッション」です。ファストファッションとは、安くて手軽なファッションのことです。

 「今日もファストファッションで来た。ウサちゃんぽい感じ。これからも世の中の女性と一緒にファストファッションを楽しみたい」(モデルの益若つばささん)

 街に目を向けると、今年は男性が弱くなっているようで、俳優の小池徹平さんがドラマで演じる、協調性が高く、家庭的で優しいが恋愛に積極的でない男性。今、「草食男子」が増えていると言います。

 「僕自身、もうちょっとガッツリいってほしいなっていう部分があるんですけれども、野菜を食べるというのは別に悪いことでもないですし、健康にとっては、ものすごくいいことなので、何とも言えないですね」(俳優小池徹平さん)

 一方、一部の女性の間では、歴史好きな若い女性、「歴女」が増えてきていると言います。歴史体験ツアーには、女性ばかりおよそ80人が参加するなど、大人気となりました。

 大人気と言えば、テレビCMで「こども店長」を演じた加藤清史郎さん。

 「こども店長って呼ばれるのがよくありました。すごくうれしいです」(「こども店長」加藤清史郎さん)

 プロ野球界では、侍ジャパンがWBCで世界一を獲得。その野球界、今年、惜しまれつつも球団を去った監督がいます。

 「寒いですな、ね。試合も寒いけど……ボヤキは永遠なり……」(楽天?野村克也監督〔当時〕)

 試合後のインタビューで出るこの「ぼやき」がすっかり有名になった野村克也元楽天監督。1日の表彰式には代理で、妻の沙知代さんが出席し、本人は電話で喜びを語りました。

 「ぼやいている間は元気な証拠。ぼやかなくなったらご臨終です」(前楽天監督?野村克也氏)

 その年の世相を映す流行語。今年は、やはり政治、そして不況を表す言葉が多かったようです。(TBS)

  评论这张
 
阅读(683)| 评论(0)
推荐 转载

历史上的今天

评论

<#--最新日志,群博日志--> <#--推荐日志--> <#--引用记录--> <#--博主推荐--> <#--随机阅读--> <#--首页推荐--> <#--历史上的今天--> <#--被推荐日志--> <#--上一篇,下一篇--> <#-- 热度 --> <#-- 网易新闻广告 --> <#--右边模块结构--> <#--评论模块结构--> <#--引用模块结构--> <#--博主发起的投票-->
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

页脚

网易公司版权所有 ©1997-2017