注册 登录  
 加关注
   显示下一条  |  关闭
温馨提示!由于新浪微博认证机制调整,您的新浪微博帐号绑定已过期,请重新绑定!立即重新绑定新浪微博》  |  关闭

成功日语--学习日语走向幸福人生

みんなで幸せな人生を歩もう

 
 
 

日志

 
 
关于我

我们在大阪和上海有公司,在日本和国内为大家提供教育咨询、日本投资咨询、商务考察、养老项目策划、建设及管理、人才培训等服务。

网易考拉推荐

カルチャーショック 文化冲击  

2009-05-13 07:36:22|  分类: 大阪记事 |  标签: |举报 |字号 订阅

  下载LOFTER 我的照片书  |

 

カルチャーショックとは自己の行動や考え方の枠組みを与える文化とは異なった文化に接した時に受ける精神的な衝撃である。うちの研究科は留学生の人数が多く、また、異文化コミュニケーションの研究をしている先生も何人かいるため、いつもゼミのときこの「カルチャーショック」についていろいろ聞かれる。

ちょっとびっくりしたのは留学生が言った日本でのカルチャーショックはほとんど痛くも痒くもない、たとえば「おかずはなぜ全部食べるか」「なんで女の子二人は手をつないではいけないか」などおもしろく聞けるものである。私も「日本の男子学生はなぜ眉を落とすか」などの日本人の感情を害するおそれがあるカルチャーショックを言わなかった。しかし、中国についてのカルチャーショックとなると、否定的な意見が圧倒的に多い。たとえば、一人の日本人の女子学生は「カナダにいたとき、ほとんどカルチャーショックを感じなかったが、もし強いて言えば、同じ寮の中国人の留学生は食事したあと食器を洗わないことでカルチャーショックを受けた」カルチャーショックというのはその国あるいはその文化にいて、自分の生活した社会の文化と異なることに接したとき感じるものですから、カナダで中国文化のカルチャーショックを受けたのはちょっとおかしいではないか。もう一つわからないところは個人的な一回な行為を見て、カルチャーショックを受けたとは言えるか。つまり、食器を洗わないのは中国文化の傾向と言えるだろうか。もちろん中国にも食器を洗わない人はいるが、しかし一人の中国人は食器を洗わないイコール中国人は食器を洗わないではない。

もう一人の台湾から来た留学生も「中国人の観光客は台湾の空港でトイレに行ったときドアを閉めないことで台湾で大騒ぎになった」と言った。

やはり私は民族主義的なところがあるかもしれないか、自国に対する否定的な意見はどうしても聞きたくない。しかし、否定的な意見があればこそ改善の可能性があるから、一方的に怒るのではなく、謙虚に忠告を聞き入れるべきだろうか。

  评论这张
 
阅读(413)| 评论(1)
推荐 转载

历史上的今天

评论

<#--最新日志,群博日志--> <#--推荐日志--> <#--引用记录--> <#--博主推荐--> <#--随机阅读--> <#--首页推荐--> <#--历史上的今天--> <#--被推荐日志--> <#--上一篇,下一篇--> <#-- 热度 --> <#-- 网易新闻广告 --> <#--右边模块结构--> <#--评论模块结构--> <#--引用模块结构--> <#--博主发起的投票-->
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

页脚

网易公司版权所有 ©1997-2017