注册 登录  
 加关注
   显示下一条  |  关闭
温馨提示!由于新浪微博认证机制调整,您的新浪微博帐号绑定已过期,请重新绑定!立即重新绑定新浪微博》  |  关闭

成功日语--学习日语走向幸福人生

みんなで幸せな人生を歩もう

 
 
 

日志

 
 
关于我

我们在大阪和上海有公司,在日本和国内为大家提供教育咨询、日本投资咨询、商务考察、养老项目策划、建设及管理、人才培训等服务。

网易考拉推荐

日本人のコミュニケーション行動と日本語教育  J.V.ネウストプニー  

2010-06-22 22:58:40|  分类: 先行研究 |  标签: |举报 |字号 订阅

  下载LOFTER 我的照片书  |

  今天看了一篇很好的论文。

 作者在论文中强调了日语的多样性,即使是日本人其日语能力也不是整齐划一的,所以对与外国人学习者来说,更应该根据学习者的水平和需要进行教学目标调整。另外,日语教育并不只是语法教学,而是包括沟通能力和互动能力在内全方位的教学,只有这样学习者才能够在实际应用中游刃有余。

  下面是论文的主要内容,大家可以参考一下。

日本人のコミュニケーション行動と日本語教育   J.V.ネウストプニー  日本語教育67号pp11-pp24 1989

1.コミュニケーション行動のプロセス

①     コミュニケーション以前のインプット/以後のアウトプット

話し手や聞き手の意識に映る社会や文化のプロセス

②     コミュニケーションの過程そのもの

(言語を含む)コミュニケーション能力を活用するプロセス

☆     コミュニケーションは社会や文化によって大きく異なる可能性がある

 

2.☆「日本人」は単一カテゴリーではない。「日本人のコミュニケーション行動」を決して単数と考えてはならない

 ?「日本語コミュニケーション行動」の導入:

日本語を媒体とする言語的及至非言語的コミュニケーション行動のことであり、それには著しいバ

リエーションがある。

2.1「日本語コミュニケーション能力者」

  ①通常能力者(第一言語話者first language speaker)

  ②中間能力者(第二言語話者seコミュニケーションond language speaker)

  ③限定能力者(外国語話者foreign speaker)

☆     伝統的な日本語教育は母語話者のような能力を持たせることだとされてきたが、

将来の日本語教育は、中間能力者の場合は通常能力を目標に、初心者なら中間能力を目標にするべきである

2.2コミュニケーションの地方差

  伝統的な日本語教育は「標準言語による行動」

  将来的な日本語教育は、次の点が標準的な日本語のカリキュラムに組み入れられる必要がある。

①     地方差について情報を与えること

②     地方差の認定能力を持たせること(通常能力の話し手がどの特徴をたより地方の言語行動を確認するか――たとえば、関西語のアクセントのパターン、東北のことばのツ、ヅ)

③     地方差の評価(肯定的にも、否定的にも、しかも、通常能力者と限定能力者の両方の場合)

④     東京での標準語と共通語の使い分け、東京の共通語の正しい使い方を指導する

⑤     学習者が頻繁に接触する他の地方の共通語と方言について詳しく情報を与える。たとえば、関西で行われる日本語教育の場合、関西人が話す共通語の特徴と関西の方言の特徴

⑥     学習者が無意識的に地方のことばの特徴を習得してしまった場合、正しい使い分けの練習を指導すること

 

3.コミュニケーション行動のモデル

3.1言語、コミュニケーション、インターアクション

☆     日本語教育は言語教育、コミュニケーション教育、インターアクション教育のすべての面を含まなければならない。

☆     インターアクションの中で社会文化行動、非言語行動と言語行動が厳密に絡み合っているので、このプロセスのある局面を切り離して、別々に教えることは適当ではない。

×「日本事情」という講義形

×日本語のテキストを読む形

☆     伝統的な教室にはコミュニケーションのための社会文化的な目的、つまりインプットがないので、日本語教育は、できるかぎり、伝統的な教室の場面を離れる必要がある。

?バイリンガル教育、イマーションコース、ビジター制度、ゲーム

3.2インターアクションのタイプとバラエティ

 ハイムズのコミュニケーション行動のモデル:ことばの場面、イベント、発話行為

☆     「内的場面」と「接触場面」の区別

3.3規則の種類

①点火ルール(どんな場合にコミュニケーションをするか)

②セッティングルール(いつ、どこでコミュニケーションをするか)

③参加者ルール(だれがコミュニケーションをするか)

④内容ルール(何をコミュニケーションとするか)

⑤形(発話行為の中で内容をどう配列するか)

⑥媒体ルール(どんなコミュニケーションチャンネルを使うか)

⑦操作ルール(コミュニケーションをどう評価したり、訂正したりするか)

⑧運用ルール(他のルールをどう適用するか)

☆     日本語教育はコミュニケーション行動全体を教えるべきである。

 

  评论这张
 
阅读(915)| 评论(0)
推荐 转载

历史上的今天

评论

<#--最新日志,群博日志--> <#--推荐日志--> <#--引用记录--> <#--博主推荐--> <#--随机阅读--> <#--首页推荐--> <#--历史上的今天--> <#--被推荐日志--> <#--上一篇,下一篇--> <#-- 热度 --> <#-- 网易新闻广告 --> <#--右边模块结构--> <#--评论模块结构--> <#--引用模块结构--> <#--博主发起的投票-->
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

页脚

网易公司版权所有 ©1997-2017