注册 登录  
 加关注
   显示下一条  |  关闭
温馨提示!由于新浪微博认证机制调整,您的新浪微博帐号绑定已过期,请重新绑定!立即重新绑定新浪微博》  |  关闭

成功日语--学习日语走向幸福人生

みんなで幸せな人生を歩もう

 
 
 

日志

 
 
关于我

我们在大阪和上海有公司,在日本和国内为大家提供教育咨询、日本投资咨询、商务考察、养老项目策划、建设及管理、人才培训等服务。

网易考拉推荐

我们的教育应该教什么?  

2010-10-09 22:04:45|  分类: 习惯和行动 |  标签: |举报 |字号 订阅

  下载LOFTER 我的照片书  |

中国的改革,第一失败的是教育,第二失败的医疗。其实教育的内容很简单,下面我们看看日本的太田先生的答案吧。

 

現代の教育にかけているもの

学校は、一人ひとりの秘めた能力を見つけ出し、それが開花するためのきっかけを与えてくれる所、つまり楽しく生きるための智慧を授けてくれる所であるべきだと思います。

そういう観点から見たとき、日本の学校教育には次の点が絶対的に不足しています。

①生き方や生き甲斐に対する価値観の教育

教育とは人間を育成していくことだとすると、人間のあり方、生き方、そのベースとなっているさまざまな哲学や価値観などを学びながら、自分の特性に気づき、一人ひとりが自分に合った生き方を選択していけるようにもっていく必要があります。

自分の生きる目的とか生き甲斐を明確にした上で、それを実現するための一つの手段として働き甲斐のある仕事を選び、そのために何を勉強したらいいのかという自分なりの人生設計を描かない限り、「何のために学校へ行くの」「何のために勉強するの」「何のために働くの」などという疑問に対する明快な答など見つかるはずがありません。

 

②問題解決型の教育

人生とは、ある意味では正解のない一冊の問題集を解き続ける旅といえます。

学校では、「空は○○○、花は○○○」という問題があれば、教えられた通りに「空は青い、花はきれい」などと書けばいいが、人生の問題には唯一の正解など有るはずが無くその時と場所と状況に応じた自分なりの特定解を導き出すことが求められます。

それには、知識を一方的に詰め込むだけの教育では不可能で、自ら問題を見つけ、自ら考えて判断し、自己責任で実行していけるようにしなければなりません、まさに「生きる力」だが、問題とは理想と現実のギャップだから、まず①なしに問題意識は起きません。

③異文化や異質を認める教育

一人ではできない大きなことを達成するためには、異質の人の力をどう結集するかが問われます。それには、互いの違いを認め合い、深い人間関係をつくる力が前提となります。国際化の進む今日、益々グローバルな異質文化との上手な付き合いが求められています。

だが、日本は同質性を求める社会で、同質性は異質を排除します。学校でも、「皆と一緒でない」と言ってイジメが起きます。それは、あらゆる所に蔓延しています。

それには、金子みすずの詩ではないが、「皆違って皆いい」ということを心から認め合う社会が前提となります。そうなって初めて、自分に対する自身と信頼感が芽生え、他人に対する優しさも芽生えるとお思います。

この三点を、どう育んでいくが問われているのではないでしょうか?

  评论这张
 
阅读(243)| 评论(2)
推荐 转载

历史上的今天

评论

<#--最新日志,群博日志--> <#--推荐日志--> <#--引用记录--> <#--博主推荐--> <#--随机阅读--> <#--首页推荐--> <#--历史上的今天--> <#--被推荐日志--> <#--上一篇,下一篇--> <#-- 热度 --> <#-- 网易新闻广告 --> <#--右边模块结构--> <#--评论模块结构--> <#--引用模块结构--> <#--博主发起的投票-->
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

页脚

网易公司版权所有 ©1997-2017